認知された子の国籍取得の届出

Notification of the citizenship of a child that has been recognized

家族


認知された子の国籍取得の届出 概要

国籍法の改正

平成20年12月12日,国籍法が改正(平成21年1月1日施行)されました。

これまでは、出生後に日本人の親に認知された子の届出による国籍取得(国籍法第3条の国籍取得届)については、

  • 日本人の父から認知されていること
  • 父母が結婚していること

が要件とされていました。

これが、父母が結婚していることという要件が削除され、出生後に日本人に認知されていれば,父母が結婚していない場合にも届出によって日本の国籍を取得することができるようになりました。

もう1つは,国籍取得の届出に際して,虚偽の届出をした者に対する罰則が設けられたことです。

国籍法第3条による国籍取得の手続

要件

1.国籍を取得しようとする方

    • 父又は母に認知されていること
    • 20歳未満であること
    • 日本国民であったことがないこと
    • 出生したときに,認知をした父又は母が日本国民であったこと

2.認知をした父又は母が、現に日本国民であること

   (認知をした父が死亡している場合には、死亡した時に日本国民であったこと)

届出の方法

本人(15歳未満のときは法定代理人)が、書面によって届け出ることが必要です。

本人が日本に住所を有する場合 ーーーーー 住所地を管轄する法務局・地方法務局

本人が海外に住所を有する場合 ーーーーー 日本の大使館又は領事館

届出手続きの詳細

法務省:認知された子の国籍取得の届出


初回のご相談は「無料」にて対応致します。

お問い合せはコチラから

当事務所へ、お気軽にご相談ください。