難民旅行証明書交付申請

Refugee travel document grant application

カメラと鞄


難民旅行証明書交付申請の概要

難民旅行証明書とは

  • 難民条約第28条及び同条約附属書の規定を受けたもの
  • 難民にも海外旅行の道を開こうとするもの
  • 外国人旅券としての性格を有している
  • 難民条約の締約国により有効な旅行文書と認められ,難民の入国に査証が必要なときは,当該証明書に査証が与えられる
  • 証明書を所持する難民が日本に再び入国する意図をもって出国する際には、再入国の許可を取得する必要はありません
  • 証明書の交付を受けて出国した者
    • その有効期間内に日本に上陸しようとする場合には査証を必要としない
    • 上陸許可の証印に際して改めて在留資格及び在留期間の決定を受ける必要がない

難民旅行証明書の有効期間

  • 有効期間は,1年
  • 有効期間内は,何回でも日本から出国し,日本に入国することができる

ただし,日本での在留期間の残りが1年未満の場合等で,難民旅行証明書の有効期間とは別に「日本に入国できる期限」が定められているときは,その期限までに日本に入国しなければなりません。

難民旅行証明書の有効期間の延長

  • 旅行中に不慮の事故にあい,その有効期間内に日本に入国することができなくなったとき
    • 最寄りの日本国大使館又は領事館に出頭して延長の手続ができる(6か月を超える有効期間の延長は認められません。)。
  •    外国において難民旅行証明書を紛失した場合
    • 日本国大使館又は領事館にある難民旅行証明書再交付申請書に必要事項を記入し,もとの難民旅行証明書の交付を受けた地方入国管理局に送付する(日本にいる代理人からの再交付申請もできます。)。

申請手続きの詳細

法務省:難民旅行証明書交付申請

手数料

  • 5,000円

 


 難民旅行証明書交付申請、詳細、ご相談をお受けしております。

お問い合せはコチラから

当事務所へ、お気軽にご相談ください。