在留期間更新許可申請

Extension of period of stay permit applicatio

カレンダー


在留期間更新許可申請の概要

在留資格をする外国人の方は、与えられた在留期間に限って日本に在留することができます。

在留期間更新許可は、与えられた在留期間満了後も同じ在留活動を行うことを希望される場合に、法務大臣に対して在留期間更新許可申請を行い、在留期間更新の許可を受けることをいいます。
在留期間更新の手続を行わずに、在留期間を超えて在留した場合、不法残留不法就労に該当し、退去強制の対象となり、裁判で有罪が確定したときには懲役や罰金が科せられます。
また、不法残留者を雇用した方に対しても、懲役や罰金が科せられることがあります。

入国管理局は、在留期間満了の3ヶ月前から在留期間更新許可申請を受け付けていますので、余裕をもって申請するようご注意ください。

申請手続きの詳細

法務省:在留期間更新許可申請

転職された方はご注意ください

転職前の仕事内容と転職後の仕事内容が同じですか・・・?

同じ仕事内容

在留期間更新許可申請を行いますが、転職先の企業に対する審査も行われますので、転職先企業に関する立証書類も必要になります。

異なる仕事内容

在留資格変更許可申請を行うことになります。

当事務所へご依頼の場合の基本報酬額

在留期間更新許可申請 : ¥30,000 ~

基本的な業務内容を推定しての金額です。
申請の状況によって、業務内容が変化し、それに伴って、報酬額が変動することがあります。
ご相談の際に、報酬金額に関してはご確認ください。

この報酬額によって、各種申請の許可(成功)を保証するものではありません。

 ご自分の在留資格更新申請に、不安や疑問のある方は、お気軽にご相談ください。

初回のご相談は「無料」にて対応致します。

お問い合せはコチラから

当事務所へ、お気軽にご相談ください。