在留資格取得許可申請

Acquisition of status of residence permit application

a1180_001145_m


在留資格取得許可申請の概要

在留資格取得許可申請とは、在留資格を取得する必要の無く日本への在留が可能であった外国人の方が、引き続き日本に在留するために在留資格が必要となった場合などの手続きです。

 どんな方が対象・・・?

  • 日本で出生した外国人の赤ちゃん(新生児)
  • 日本国籍を離脱・喪失して外国人になった方
  • 日米地位協定上の身分で在日米軍基地等に在留していた軍人で、退役後も引き続き日本に在留を希望する方

いずれの方も、日本国籍を取得することなく、外国人として在留し続けるので、ビザを取得するための手続きをしなければ、不法滞在となってしまいます。

出生または日本国籍離脱などの事由が発生した日から30日以内に、引き続き在留しようとする外国人ご本人(もしくは代理人)が、居住地を管轄する入国管理局に申請を行ってください。

在留資格取得許可申請は、事由が発生した日から30日以内に行う必要がありますが、30日というのは、あっという間に過ぎてしまいます。該当される方は、手続きについて準備しておく必要があります。

申請手続きの詳細

法務省:在留資格取得許可申請

当事務所へご依頼の場合の基本報酬額

在留資格取得許可申請 : ¥30,000 ~

基本的な業務内容を推定しての金額です。
申請の状況によって、業務内容が変化し、それに伴って、報酬額が変動することがあります。
ご相談の際に、報酬金額に関してはご確認ください。

この報酬額によって、各種申請の許可(成功)を保証するものではありません。

  在留資格取得許可申請の詳細については、お早めにお問い合わせください。

お問い合せはコチラから